頭皮の乾燥 湿疹の原因・症状・対策

解説うさぎ

頭皮が乾燥・アレルギー・感染によって発生する湿疹には4つのタイプがあると言われています。

 

適切な対策は頭皮の湿疹を早くケアしてくれますので、これはと思う頭皮の湿疹の原因をチェックしてご自身にあった対策にお役立てください。

 

頭皮湿疹

 

頭皮湿疹4タイプと特徴

頭皮湿疹には4つのタイプがありそれぞれ特徴があり、それぞれ治療の方法が異なります。

 

放っておくと症状が悪化しさらにトラブルを招く可能性があります。

 

ご自身の頭皮の湿疹の原因を確認し、適切な治療を行えば症状の悪化を防ぐことができます。

 

 

頭皮乾燥の湿疹の症状

接触性皮膚炎の症状

「接触性皮膚炎」はごく身近に起こり得る症状でタイプも様々です。

 

例えば、おむつでかぶれることも、金属アレルギーによる湿疹、シャンプー、白髪染めなどによるアレルギー反応も接触性皮膚炎の一つです。

 

接触性皮膚炎は頭皮がなにかしら外部から受けた刺激によって、触れた部分に【赤いぶつぶつ】【皮膚の盛り上がり】【中に水をもった湿疹】がでてきます。

 

肌の弱い方や、体調不良による免疫力低下の場合発症しやすくなります。

 

アレルギー反応ですので、接触性皮膚炎になってしまうと原因となるシャンプーやヘアカラーなどをやめない限り皮膚炎が続くことも考えられます。

 

接触性皮膚炎のケア・治療

ご自身で出来る接触性皮膚炎のケアは、原因を特定し使用を避けることです。頭皮につけているシャンプー、整髪料、カラーリング剤などに原因がないか確認してみましょう。

 

アレルギーの原因を探る方法としてパッチテストがあります。

 

ヘアカラーのパッチテストについては、日本ヘアカラー工業会が行っているパッチテストが動画でありますので参考にしてみてください。

 

皮膚科での対処としては、接触性皮膚炎の症状により、原因物質の除去の他、薬物療法を行う場合があります。

 

おもにステロイドなどの塗り薬と、かゆみを抑える抗ヒスタミン剤が処方されます。

 

脂漏性皮膚炎の症状

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)は適切な治療をしないでいると慢性化したり、再発を繰り返しやすい疾患です。

 

この湿疹は頭皮だけでなく、顔、耳の後ろ、脇の下、足の付根などにも見られます。

 

かゆみを伴い、赤くなったり、カサついたり、皮がはがれてくる場合があります。放っておくと皮脂の酸化により加齢臭のようなにおいを放つこともあります。

 

脂漏性湿疹の原因は様々ですが、主な原因としてマラセチア菌のエサとなる皮脂の過剰分泌が上げられます。その他、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、生活習慣の乱れなどもあげられます。

 

脂漏性皮膚炎のケア・治療

脂漏性皮膚炎になった方の多くは重症になるまで放っておくことが多いのですが、慢性化して再発を繰り返すことが多いので、早期に医師に相談することをおすすめします。

 

治療では、主にステロイドの外用薬、マラセチア菌の増殖を抑えるための抗真菌薬が処方されます。かゆみがある場合は抗ヒスタミン剤の内服薬やビタミン剤の内服薬が使用されます。

 

治療と並行してご自身で出来るケアも必要となります。

 

1.頭皮を清潔な状態に保つ
2.ビタミンB群を取り入れ、バランスの良い食事を取る
3.十分な睡眠・質の良い睡眠を取る
4.ストレスのかからない状況を作る
5.紫外線を避ける

 

マラセチア菌の繁殖を抑える専門のシャンプーは販売されていますが、選ぶ際にはケアするのに十分な条件が満たされているシャンプーをご確認ください。


脂漏性皮膚炎のケアシャンプーの中でも「抗炎症成分」「抗菌成分」入りで皮膚科専門医が監修したシャンプー【カダソン】はお勧めです。


【カダソン】を公式サイトで詳しく見る >>


脂漏性皮膚炎に感染している時は髪の整髪料はしっかり落としてから寝るようにしてください。


外部からのケアも大切ですが、体の内側からケアするとより効果的です。皮脂の代謝を正常にする作用のある栄養素はビタミンB群です。食事やサプリメントで補うことで、より頭皮が健やかに保ちやすくなります。

 

 

皮脂欠乏性皮膚炎(乾皮症)の症状

皮脂欠乏症湿疹(乾皮症)は頭皮がカサカサしたり、細かいサラサラしたフケがでたり、ひび割れなどが起こると同時に、バリア機能が低下しているために頭皮が炎症・湿疹をおこします。

 

皮脂欠乏症湿疹は頭皮の皮脂が少なく肌が乾燥することによって起こる皮膚炎です。

 

症状が現れる原因は2タイプ考えられます。

 

1.外的要因

  • 乾燥する季節
  • エアコンや暖房機器による乾燥
  • シャンプー・コンディショナー・ヘアカラー・整髪料
  • ヨーロッパなどの地域で硬水を使った水を浴びる
  • など

 

2.内的要因

  • 加齢
  • 病気
  • アレルギー
  • 薬の副作用
  • 生活習慣の乱れ
  • など

 

皮脂欠乏性皮膚炎のケア・治療

治療としては、病院で処方される保湿剤は主にヒルドイド、ワセリン、ケラチナミンが処方されます。

 

炎症やかゆみがひどい場合はステロイド剤などを使用する場合があります。

 

予防ケアとしては、乾燥を促進させるシャンプー、コンディショナー、整髪料を避ける。また、湯シャンをする場合も暑い温度のシャワーは皮脂を多く洗い流しますので注意してください。

 

室内などが乾燥する場合は、エアコンの使用方法や加湿器の使用などを検討する。

 

食事は、肌や粘膜の潤いを保ち、ターンオーバーを促進冴えるビタミンAを

 

ターンオーバーを促進させ肌の炎症を抑える効果があるビタミンBを

 

その他、細胞分裂に必要なミネラルの亜鉛、お肌の乾燥が期待出来るビタミンCやビタミンEなどがお勧めです。

 

 

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎は痒みのある湿疹が出来ることが特徴です。

 

皮脂の分泌量がとても少なく、角質層の水分をキープすることが難しい状態です。その為、皮膚が乾燥しやすかったり、バリア機能が低下していることによって外部からの刺激にとても敏感になっています。

 

皮脂欠乏性皮膚炎のケア・治療

アトピー性皮膚炎の原因ははっきりと分かっていないというのが現状です。

 

治療方法も個人差がありますので、医師に治療方法を相談し適切に対応することをおすすめします。

 

日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎ガイドライン

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎のガイドライン 最新の治療方法がありますので

 

アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」 Y.治療の【1.治療の目標】、【2.治療方法】を参考にしてください。

 

 

頭皮の乾燥 湿疹の原因と対策【まとめ】

頭皮の湿疹をおこしてしまう要因をご確認いただけたかと思います。

 

ここでは頭皮乾燥の湿疹について取り上げましたが、ご自身でケアできる範囲を超えているようであれば、迷わず皮膚科に相談することをおすすめします。

 

頭皮の湿疹は体調の変化のサインですので、あなたの体調に何かしらの負担がかかっていることが原因かもしれません。

 

今回、頭皮の乾燥のかゆみを起こしたことを期に、食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足、ストレスなどの生活習慣の見直し、シャンプー自体の見直し、保湿ケアに注目してみてください。

 

長期的な健康を保つためにも、ご自身の体をどうぞ大切にしてください。