頭皮乾燥 おすすめシャンプー【3選】

解説うさぎ

頭皮が乾燥するトラブルの原因がシャンプーであることは十分に考えられます。

 

こちらでは、シャンプーを断つことも含めて頭皮の乾燥トラブルを考えてみたいと思います。

 

同時に、シャンプーを選ぶ時に覚えておきたい大切な情報もご紹介していきます。

 

メニュー

 

シャンプーを選ぶ時に覚えておきたい用語の意味

メディアで紹介されているシャンプーはとても魅力的な広告が多いようですが、シャンプーの成分や頭皮への影響の詳細はよくわからない場合がほとんどではないでしょうか。

 

私は、よく出てくる「無添加」「ノンシリコン」などのシャンプーに関する用語の詳細について正しく理解していませんでした。

 

ちゃんと調べてみると用語の理解の大切さが身にしみてわかりましたので、大切だと思う情報をピックアップしてご紹介します。

 

無添加

無添加=安心というわけではない

一般的に、無添加化粧品とは、これらの102種類の成分を含んでいないもののことを指します。(1980年に制定と古い基準)
102種類以外の危険な成分が含まれていても無添加ということができます。
安全を求めるのならば、何が無添加なのか?無添加のかわりにどのような成分が代用されているのか?を調べる必要がでてきます。
なお、ヨーロッパであれば約5000種類、アメリカであれば約800種類ものアレルギーや接触刺激に関する指定成分が存在しますが、日本は海外に比べて基準が甘いことが現状です。
その他参考資料:「ウィキペディア」の「無添加

 

界面活性剤

高い毒性・高い浸透性・高い残留性がある

安全なマヨネーズにも界面活性剤は使われていますし、食器用洗剤にも界面活性剤が使われています。
界面活性剤と一口に言っても安全なものもあれば、そうでないものもあります。
後者の方が人体にはよろしくない影響がありますが、界面活性剤は何から作られているかによって、安全性が異なります。
シャンプーのほとんどに界面活性剤は入っていますが、この界面活性剤が頭皮のバリア機能を破壊して頭皮の新陳代謝を衰えさせることになります。
バリア機能を失った肌は保湿力が低下するので、乾燥しやすい肌に変わっていきます。
その他参考資料:love-theearth.com「界面活性剤って悪いもの?

 

防腐剤

アレルギーを引き起こす危険性がある

シャンプーに防腐剤が入っていなければすぐに腐って使い物になりません。防腐剤には人体に影響が少ないものもあれば、アレルギーを起こす可能性が高いものも存在します。
「パラベン」は代表的な防腐剤ですが、よく敏感肌向けの製品には「パラベン不使用」などとかいていることでおわかりの通り、それなりの人体へのダメージがある成分ということになります。
防腐剤は私達の肌を守ってくれている常在菌をも死滅させる力を持っているそうです。
常在菌が死滅することによって、頭皮の乾燥を起こすサイクルが発生する場合があります。
その他参考資料:「シャンプーに防腐剤が必要な理由

 

ノンシリコン

ノンシリコン=安全というわけではない

シリコンは比較的安全な成分なので、ノンシリコンだからすごく安全という事はありません。

 

ノンシリコンで、界面活性剤や防腐剤のパラベンといった有害化学物質が入っていることのほうが問題です。

 

アミノ酸系

頭皮の乾燥対策にすぐれたシャンプー

アミノ酸系のシャンプ−は頭皮や髪に優しく、余分な皮脂を落とさず保湿性が高いことが特徴です。
デメリットとしては、洗浄力が弱いためさっぱりした感じは味わえなく、原料が高価なためシャンプーの値段も高めに設定されています。
その他参考資料:「スキンケア大学

 

高級アルコール系

市販されているシャンプーはほとんど高級アルコール系

高級アルコール系の【高級】とは品質が良いという意味の高級ではないので注意です。
高級アルコール系シャンプーは値段も安く、泡立ちがよく、洗浄力が高いことが特徴です。
洗浄力が良い分、余分な皮脂をごっそり洗い流してしまうため、頭皮の乾燥に悩む方には向いていません。
その他参考資料:「スキンケア大学

 

石けん系

皮脂を取りすぎるので注意

石けん系シャンプーは天然由来であったり、昔から使用されてきたため安全・自然志向の方から好まれています。
ただし、洗浄力が強いため、必要以上の皮脂を洗い流してしまうため、頭皮の乾燥対策には向いていません。
その他参考資料:「スキンケア大学

 

頭皮乾燥向けおすすめシャンプー【3選】

 

頭皮のかゆみ、フケ、乾燥、あかみが気になる方に

すこやか地肌美容液シャンプー



健やか地肌は、頭皮のかゆみ専用美容液シャンプーです。
こちらは、頭皮の乾燥に伴うかゆみやフケで悩まれている方向けに開発された商品です。
敏感肌の方にとても優しい成分で構成されており、頭皮の汚れをしっかり落としながら、かゆみ、フケの原因を防いでくれます。
お値段は3,980円と高めですが、定期購入をすることで2,980円までお得に購入することが可能。
効果が実感できなかった場合、45日以内であれば返金保証制度を活用することができます。
すこやか地肌美容液シャンプーの詳細はこちら >>

価格 容量 評価

2,980円〜

200ml

頭皮,乾燥,シャンプー

 

すこやか地肌シャンプー
頭皮のコンディションを良くしておきたいので、今ではお値段が高くてもアミノ酸系のシャンプーだけ使うようにしています。

 

アミノ酸系のシャンプーも色々試してみましたが、ジョンマスターとこのすこやか地肌が私の頭皮にはあっていました。

 

すこやか地肌は痒みもおさえてくれますし、ホホバオイルと椿オイルも入っているので洗い上がりはしっとりしています。

 

アミノ酸系なので、皮脂をさっぱり落とすというタイプではなく、必要な皮脂はちゃんと残してくれるので大変重宝しています。

 

洗ったあとの髪の毛はサラッとした感じを残してくれますし、何よりも頭皮のむず痒さや乾燥時に発生したフケ予防には大いに貢献してくれましたので、健やか地肌のシャンプーは私の1番のおすすめです。

 

 

 

 

時間はかかるけどシャンプーをやめる手段

シャンプーをやめる

もう1つのおすすめはシャンプーを使わないことです。あまり熱いお湯を使用しすぎると余分な皮脂も流してしまいますので、適度な34〜35度ほどのぬるま湯がお勧めです。シャンプーをやめた途端、髪のベタつきも発生しますが、時間をおくことで改善はされるようです。
かゆみの改善やフケが適量になるなど良い点が沢山あります。
ただし、適切な方法でないと効果が期待できないので、正しい方法を理解した上でチャレンジすることをおすすめします。
おすすめ湯シャン法や期待できる効果の詳細は宇津木 龍一先生の「シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! (角川書店単行本)」よりご確認いただけます。ロングセラーですので、お近くの書店にもあるかと思いますよ。
アマゾンでこの書籍を見る >>

価格 容量 評価

1,404円

頭皮,乾燥,シャンプー

 

こちらは、シャンプーを使わない頭皮の環境をよくするケア方法です。こちらの書籍を読ませていただき頭皮に悪影響のある物質が付着していた事を勉強させていただきました。

 

現在こちらの書籍に記載されている手順にしたがってシャンプーを使わないようにしています。確かに頭皮環境は改善してきていますが、この手法は長丁場になるため、全面かゆみ解消、頭皮のベタつき全面解消の領域まではまだたどり着いていません。

 

美容院、ネイル、カイロプラティックなどに行くときはさすがにシャンプーしていかないとまずいので、特別なときのみシャンプーはOKとしています。

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎の予防ケアに

脂漏性皮膚炎対策

マラセチア菌の繁殖を抑える専門のシャンプーは販売されていますが、選ぶ際にはケアするのに十分な条件が満たされているシャンプーをご確認ください。

 

脂漏性皮膚炎のケアシャンプーの中でも「抗炎症成分」「抗菌成分」入りで皮膚科専門医が監修したシャンプー【カダソン】はお勧めです。

 

【カダソン】を公式サイトで詳しく見る >>

 

脂漏性皮膚炎に感染している時は髪の整髪料はしっかり落としてから寝るようにしてください。

 

外部からのケアも大切ですが、体の内側からケアするとより効果的です。皮脂の代謝を正常にする作用のある栄養素はビタミンB群です。食事やサプリメントで補うことで、より頭皮が健やかに保ちやすくなります。

価格 容量 評価

3,218円

250ml

頭皮,乾燥,シャンプー

 

KADASON正面

 

KADASON背面

 

脂漏性皮膚炎で皮膚科に相談したところ、私は皮脂の過剰分泌が原因ではなく、ホルモンバランスが乱れたことが原因ではないのかというアドバイスをもらいました。

 

その他アイスクリームが好きなのですが、これも食べるのをやめるように言われました。確かにアイスを食べた時は頭皮のかさつきがひどかったようです。

 

皮膚科での治療と並行して使用していたのがKADASONのシャンプーです。見た目は男性向けの容器のように見えます。

 

KADASONを使用してから、脂漏性皮膚炎のちからを押さえつけた感はありましたので、大変助かりました。

 

ですが、脂漏性皮膚炎はシャンプーだけでなく、ご自身の問題の原因を医師に相談して明確にすることがお勧めです。

 

私の場合は、食事や運動にも気をつけて対策をすることもとても大きな影響がありましたので、総合的な対策が改善を早める方法だと思います。