頭皮の乾燥 かゆみの原因と対策

解説うさぎ

頭皮の乾燥が原因で発生するかゆみの要因はいろいろあります。間違った対策・ケアはかゆみを止めることができません。

 

適切な対策はかゆみを早く止めてくれますので、これはと思う頭皮のかゆみの原因をチェックして予防にお役立てください。

 

健やかな青白い頭皮

 

乾性かゆみの症状と特徴

頭皮の色が青白い色だと健康な状態といえます。

 

頭皮の色が赤、ピンク、茶色、黄色の場合は頭皮がSOSを出しているサインかもしれません。

 

赤やピンクの場合は紫外線や乾燥などにより頭皮がダメージを受けているサインの可能性があり、茶色や黄色の場合は生活習慣の乱れによる血液のめぐりが悪い状態です。

 

頭皮のかゆみが出る場合は頭皮の色で健康状態をチェックしてみてください。

 

また、頭皮が突っ張る感じや、粉状の乾燥したフケが出ることも乾燥からくるかゆみの特徴です。

 

頭皮乾燥のかゆみの原因

乾燥の季節

湿度表
日本は1年の半分ほど湿度が60%以下と低く、空気は乾燥しています。

 

気温も低くなることから血行不良になりますので、頭皮の乾燥が進行しやすくなります。

 

また、暖房器具をつけますから、湿度はさらに低くなります。

 

そして、温かいお湯で頭皮を洗えば皮脂を奪うことになりますので、頭皮が乾燥する要因が多くでてきます。

 

シャンプーのやり方

頭皮の汚れや皮脂が原因でかゆみがでていると思っていませんか?

 

こういった時は汚れを落とそうと思い、強めにゴシゴシ洗ったり、シャンプーブラシなどでかいてしまったりしがちです。

 

ですが、かゆみの原因が頭皮の乾燥であると、こういった洗い方では皮脂をごっそり洗い流してしまいます。

 

皮脂は頭皮の乾燥をおさえてくれる役割がありますので、汚れ落としで力を入れる洗髪や、皮脂を強力に落とすシャンプーの使用はかゆみを悪化させる可能性がでてきます。

 

生活習慣の乱れ

あまり実感はできないと思うのですが、生活習慣の乱れも頭皮に影響がでてきます。

 

ダイエットなどの偏った食事はビタミン不足となり、皮膚の粘度が弱りみずみずしさを失うので頭皮が乾燥してしまいます。

 

また、運動不足は十分な栄養素や酸素を頭皮に届けることができませんし、ストレスのある環境や睡眠不足は自律神経の働きが弱まり、体のめぐりが悪くなります。

 

その結果、頭皮に必要な栄養が届けられずかゆみがひどくなる可能性がでてきます。

 

特に睡眠不足はお肌にダイレクトにダメージがかかります。1日7〜8時間、質の良い睡眠が取れるように心がけてみてください。

 

病気

皮膚の直接関係するアレルギー体質、アトピー性皮膚炎、色素性乾皮症などは直接かゆみの原因となります。

 

また、水分が減ってしまう糖尿病や尿崩症、皮脂の制御が困難になる甲状腺や下垂体の機能低下なども、フケを起こす可能性があります。

 

血行不良

頭皮が茶色や、黄色であると血行不良の可能性があります。

 

先に上げた生活習慣の乱れを参考にしてみてください。

 

生活習慣の乱れはお肌質(頭皮)の悪化に大きく関係しています。血液やリンパのめぐりが悪くなると、毛穴に皮脂が詰まって黄色くなったり、髪の毛細血管に老廃物が蓄積されると茶色い頭皮になりやすいです。

 

薬の副作用

薬には肌を乾燥させる副作用がある場合があります。

 

特に肌が敏感だと思われる方は、現在摂取している薬に原因がないか確認してみてください。

 

日本の天然水の味と海外の天然水で味が違うことに気づいたことはありますか?

 

口当たりの柔らかいまろやかな日本の軟水と違って、ヨーロッパの一部の地域では味が硬めの硬水が使われています。

 

硬水で髪を洗うと頭皮がつっぱったり、髪がごわつくことがあります。

 

また、水道水には消毒のために塩素が含まれており、塩素自体はお肌・頭皮にダメージを与えます。

 

白髪染め・ヘアカラー

白髪染めやヘアカラーを使ったあとにフケがでたり、頭皮に炎症がでてきてかゆみが発生したら注意してください。

 

染まりの良い白髪染めやヘアカラーのほとんどがアルカリ性です。

 

アルカリ性の物質で代表的なのが、食器用洗剤や油汚れ用の洗剤です。

 

お肌が敏感な方はアルカリ性の洗剤を使用すると手がカサカサしたり、皮脂がとれて手湿疹を起こしたりします。

 

アルカリ性物質はタンパク質を溶かし、必要な皮脂をとってしまうので乾燥の原因となります。

 

紫外線によるダメージ

紫外線のA波(UVA)を浴びるとお肌が黒くさせる日焼けを引き起こし、最近の研究結果ではシミやシワの発生に大きく関係していることがわかってきています。

 

このA波は窓ガラスや雲も突き抜けるという性質を持っているため、曇りの日でも日当たりの良い家の中は要注意です。

 

紫外線は頭皮のかゆみの直接の原因にはなりにくいですが、紫外線によってダメージを受けた頭皮はかゆみを容易に引き起こしやすい状況に導いてしまいます。

 

 

乾燥頭皮のおすすめかゆみ対策

洗い方の見直し
  • シャンプーは1日一回以下
  • 頭皮の皮脂は頭皮の保湿、殺菌作用、ホコリ等の異物から守ってくれるなどの役割があります。

     

    髪の洗いすぎは必要以上の皮脂を奪ってしまいますので、1日2回以上シャンプーしている方は注意が必要です。

     

    頭皮のフケが気になる方が3日に1回のシャンプーに切り替えたところ、フケが止まったという例もあります。

     

  • 優しく洗う
  • 爪を立てたり、シャンプーブラシなどで強くこすらず、指の腹をつかって優しく洗います。

     

  • 熱すぎるお湯を使わない
  • シャンプーを使用しない湯シャンのみでも熱すぎると余分な皮脂を取り除いてしまいます。

     

    「シャンプーをやめると、髪が増える」を執筆された宇津木先生によると湯シャンの温度は34度〜35度のぬるま水 ( ぬるま湯 )がおすすめとのこと。

     

  • シャンプーを変える
  • 皮脂をごっそり落とすタイプのシャンプーは普通に市販されています。ひょっとしたら今使っているシャンプーも皮脂をごっそり落とすタイプかもしれません。

     

    シャンプーを変えただけでフケが収まったケースもありますので、使っているシャンプーを見直してみてはいかがでしょうか。

     

    おすすめシャンプー
    乾燥に伴う特有の頭皮のトラブルを解決するシャンプーはこちら >>

     

 

保湿
  • ローション・美容液・オイルで保湿
  • 私達の体にできた傷は保湿することによって「自己治癒能力」が非常に高まります。

     

    こういった治療のことを湿潤療法(モイストヒーリング)と言います。

     

    頭皮の乾燥によってダメージを受けた皮膚は頭皮専用のローション・美容液・オイルなどで保湿することでしっかりケアすることができます。

     

    おすすめ美容液・ローション
    頭皮乾燥向け専用ローション・美容液はこちら >>

     

  • コラーゲンで潤
  • 体の内側から頭皮を潤すにはコラーゲンがおすすめです。

     

    お肌を潤してくれるコラーゲンは頭皮にも有効ですので、コラーゲンを効果的に摂取すると良いでしょう。

     

    コラーゲンを含む食品の多くは高カロリーの物が多いため、カロリーを気にする方はサプリなどで補給することをおすすめします。

     

    また、コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取すると効果をより高めてくれます。

    コラーゲンを含む食品

    豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉
    スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ
    ゼラチン、ゼリー、プリン、杏仁豆腐

 

生活習慣の改善

これはどの病気にも当てはまるのですが、健康問題が発生したとき薬やサプリでの対応が思いつくかと思います。

 

ですが、日常生活のちょっとしたことを改善することで問題が治ることもよくあります。

 

すぐに治ることがないことも多いですが、長期的にみたら健康を保ちやすい体を作りやすく良いことが沢山あります。

 

薬やサプリはとても役立つアイテムではありますが、健康のトラブルが発生した時は同時に生活習慣にも問題がないかみなおすことをおすすめします。

 

特に、睡眠とお肌のトラブルは大きく関係しているため、頭皮のケアと同時に、十分な睡眠をとっているか?睡眠の質は低くないか?に注目してみてください。

 

スマホのアプリを使えば簡単にご自身の睡眠の質をチェックできますので、アプリの活用は有効です。

 

おかし、ジャンクフード、外食は基本的に健康となりえる栄養素が少ないので注意です。また、過食、少食、栄養ドリンク、サプリのみなど偏った食生活にも注意が必要です。

 

食事で取った栄養素がそれぞれ私達の体を形成してくれます。必要な栄養素が足りなければ、それだけ何かしら欠陥が発生しやすくなります。

 

食事管理を長期徹底して、1日に適切な摂取量と必要な栄養素、カロリー数、不必要な間食を断つと驚くほど体調の変化が現れることに気づきますので、気になる方は是非チャレンジしてみてください。

 

その他、運動不足やストレスなども体への影響が大きいです。ご自身の体を大切にケアしていただければ健康な体質へと導かれていきます。

 

これまで多くの健康トラブルを抱えていた私は、生活習慣を改善させたことで8割近くの問題を解決させることができました。無理にあれこれ手を出すより、今自分に出来ることをコツコツ続けると途中で挫折しにくいですよ。

 

 

ワンランク上のアプローチ

安全にどうしても頭皮のかゆみ、フケ、臭いをケアされたい場合は「イメルシオ」がおすすめです。
あまり知られてはいませんが、イメルシオの公式サイトでは7大特典がついてくるなどとてもお得にゲットすることができます。
また、時期によっては特別キャンペーンを行なっていますので、不定期ではありますがキャンペーン期間をねらうとよいですよ。


イルメシオの公式サイトはこちらから


 

 

頭皮の乾燥 かゆみの原因と対策【まとめ】

頭皮が乾燥してしまう要因がいかに多いかご確認いただけたかと思います。

 

ここでは主要な頭皮乾燥のかゆみの原因と対策を上げましたが、ご自身でケアできる範囲を超えているようであれば、迷わず皮膚科に相談することをおすすめします。

 

頭皮のフケは体調の変化のサインですので、あなたの体調に何かしらの負担がかかっていることが原因かもしれません。

 

今回、頭皮の乾燥のかゆみを起こしたことを期に、食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足、ストレスなどの生活習慣の見直し、シャンプー自体の見直し、保湿ケアに注目してみてください。

 

長期的な健康を保つためにも、ご自身の体をどうぞ大切にしてください。