後回しにされやすい頭皮ケア

冬になって空気が乾いてくるようなると、肌の乾燥も進みます。スキンケアアイテムも潤いを補う成分が含まれたものに変わるなどスキンケアには気をつかうのですが、多くの方は髪の地肌に関してはあまり真剣に乾燥のための対策をとらなようです。

 

頭皮の乾燥に伴うトラブルがエスカレートしてゆくとかゆみやフケが発生しますので、日常の家事やお仕事に集中できないなんてことも起こりえます。

 

頭皮は顔の皮膚と続いた肌の一部であり、皮脂や潤い成分によって皮膚の表面を保護する役割をしています。洗顔料を使って顔を洗った後は皮脂や潤いなどが洗い流され、そのままにしておくと肌がつっぱってしまうことが多いため、洗顔後には保湿などのためのスキンケアを欠かさず行うと言う人は多いのに、シャンプー剤を使用して髪を洗った後には特に何も対策をしないと言う人は少なくありません。

 

同じ肌なのになぜか地肌のほうには乾燥対策にあまり気を使っていないのは、顔の皮膚のように外部と直接接触するのではなく地肌は髪によって守られているという感覚があるからという意見もあります。

 

頭皮は顔の皮膚と同じようにシャンプーによって肌表面の保護成分が洗い流され無防備な状態になります。そんな状態のときにさらに髪を乾かすためにドライヤーで熱を加えるので、顔よりもむしろ頭皮の方が乾燥しやすく苛酷な環境にさらされているとも言えます。そして頭皮の乾燥症状が進んでしまうことで、フケやかゆみなどの地肌トラブルが発生しやすくなります。

 

フケはシャンプーがきちんとできていなかったり不潔な状態になっている時に出るものと言うイメージがあるため、フケが発生すると必要以上に何度も強い力で地肌を洗うと言う人がいますが、これは明らかに頭皮を必要以上に乾燥させ、さまざまなトラブルを自分で引き寄せていることになってしまいます。

 

できればトラブルを起こしてしまうほど乾燥が進む前に、頭皮に優しい弱酸性のシャンプーやアミノ酸系のシャンプーに変えたり、頭皮専用のローションなどを使って地肌に保湿成分を届けることが大切です。