頭皮が乾燥する原因とメカニズム【まとめ】

毎日しっかりとシャンプーしているはずなのに、気がついたらぱらぱらとしたフケが肩に積もっていた・・・こんな経験をする人は少なくありません。フケと言うと髪を不潔な状態にしているから出るものと言うイメージがあります。確かに髪を不潔にしていることで発生するフケもありますが、このタイプのフケは皮脂が酸化したような独特の異臭を放ち、ふけ自体がべったりとした感じるのする脂性のフケです。ぱらぱらとした乾いた細かいフケが出るのは、頭皮が乾燥してしまっていることが原因です。

 

顔の皮膚と地肌とは繋がった状態で同じ肌なのに、顔の法は洗顔した後はスキンケアによって手厚く保護されているのに、地肌の方はシャンプーした後に特に何もお手入れをしないという人は少なくありません。そしてそのことが頭皮の乾燥を引き起こすメカニズムに深く影響を与えています。地肌も顔の肌と同じメカニズムで皮脂や潤いによって外的な刺激から地肌が守られているのですが、シャンプーすることで一時的にこれらの潤い成分が取り除かれることになります。

 

シャンプーと言うのは通常は洗顔料よりも脱脂力も強く、頭皮を乾燥させる可能性があるので、いくらぱらぱらとしたフケが気になるといっても必要以上の頻度で洗いすぎたり強い力によって無用な刺激を与えると、余計に乾燥が酷くなり、地肌はフケやかゆみなどの肌トラブルを起こす可能性が高まります。

 

そんなことを避けるためには、頭皮の潤い分をとり過ぎないような、界面活性剤にアミノ酸系の成分を配合した優しい洗いあがりのシャンプーを使用するのがおすすめです。清潔を心がけることは間違っていないのですが、頭皮のメカニズムを良く理解し、顔と同じように地肌も乾燥させないように、シャンプー後にはローションなどを使って保湿を心がけることが大切です。頭皮の保湿のためのローションは、ヘアケア専用のものも多数市販されていますが、顔に使用するローションを地肌のケアに使用することで、乾燥の原因を食い止めることにも繋がります。

 

そしてシャンプー剤を優しい洗いあがりのものに変えたとしても、洗い方によっては頭皮の乾燥の原因を作るので注意が必要です。それは爪を立てたり必要以上に強い力で頭皮に刺激を与えてしまう洗い方をする場合です。洗顔のとき同様に肌はあまり強い力でこすったりせず、よくあわ立てたシャンプーで優しくもむようにして洗うのがお勧めです。そしてシャンプーした後は必ずローションなどを使用して保湿を心がけるようにします。